脱毛サロンの施術を受けられない人はどんな人?

いろいろなところで広く宣伝されている脱毛サロンでの施術は、誰でも気軽に受けられる印象がありますね。もちろん多くの人が施術を受けているのですが、その人の体の状態によっては施術が受けられないこともあります。

特に光脱毛を提供しているサロンの場合、医療施設ではなく一般の人が施術を行っていますので、もしもトラブルが発生してしまったときに医療処置を行うことができません。

そのため、アレルギーを持っている人や、持病がある人、何らかの疾患の治療中で薬を服用している人は、施術をお断りされる場合があります。

アレルギーについては、ハウスダストや花粉症などであれば施術の妨げになる可能性は低いため、問題ないとされることが多いです。

しかしその症状を緩和するために抗生物質などの薬を服用している場合は、施術が受けられない可能性もあります。

持病において施術NGとされるのは、心臓に疾患を持っている人や、てんかんなど発作を起こす病気を持っている人です。

光脱毛の施術は体に大きな害を及ぼすものではありませんが、強い光が刺激となって、病気の悪化や発作を引き起こさないとも限りません。このため、多くのサロンでは施術をお断りしています。

緑内障の人は医療レーザー脱毛を受けられない?

前述したような、一般の脱毛サロンで施術が受けられない人も、医療レーザー脱毛を行うクリニックであれば、施術を受けられることがあります。

クリニックには医師や看護師が常に居るので、トラブル発生時も迅速に対応できるからです。ただし、緑内障を持っている人は、クリニックでも施術ができないことがあります。

アリシアクリニックは医療レーザー脱毛を行う医療機関になりますが、こちらの施設でも緑内障の人は症状によって施術できないことがあるようです。

緑内障の治療に使用している目薬が、レーザーの光に反応することで症状を悪化させてしまう恐れがあるそうで、カウンセリング時に緑内障にかかっていないかどうかヒアリングを受けると思います。

目薬だけではなく、内服薬においても副作用が出る可能性がありますので、治療中の人は必ずカウンセリング時に申告してくださいね。


アリシアクリニック