医療脱毛をしたいけれどケロイド体質で悩んでいる人へ

ケロイドとは火傷や傷から肌が自然治癒するときに皮膚が元の肌よりピンク色で突っ張った感じになったり、隆起してしまった状態のことを指します。

肌が治癒していく経過でケロイド状態に一時的になってしまうこともありますが、場合によっては治療をしなければ治らないこともあります。

火傷やケガが原因ではなくても、間違った自己処理で肌を痛めてしまった場合にもなってしまうことがあり、それはその部分だけでなく徐々に周りの肌にも進行していく場合があります。

医療脱毛を行う場合、レーザーを毛の生成組織に当てることで毛が生えてこないようにするのですが、レーザーを当てることで肌には少なからずダメージがあります。

そこまで強いダメージとは言えませんが、ケロイドの状態があまりにもひどいのであれば施術を断られてしまうことがあります。

医療脱毛のメリットは医療機関であるということ

ただここで医療脱毛のメリットが生きてきます。レーザー脱毛の施術を行うことができるのは美容クリニックと言われる医療機関です。

クリニックによっては美容皮膚科の先生が常にいるところもありますが、美容皮膚科は皮膚を美しくする専門家なのです。

ですから、そういったクリニックを選ぶことで、医療脱毛を断られるのではなく、まずケロイドの部分をきれいにしてから脱毛を行ったり、同時進行で肌をきれいにしていくという方法を提案してくれる場合があります。

どこのクリニックでも同じようにできるわけではありませんが、もしあなたがムダ毛にもケロイドにも悩んでいるのであれば、まずは無料カウンセリングから始めてみましょう。

実際に患部を見せて相談することでより良い解決方法が見つかるはずです。


アリシアクリニック